システムベットの代表格 マーチンゲール法

マーチンゲール法

システムベットという単語をご存じでしょうか?これは資金を管理しながら賭けていく手法を指しており、ギャンブルを続けるうえで必須と考えて下さい。代表的なマーチンゲール法について解説していきましょう。

マーチンゲール法の概要

マーチンゲール法はシステムベットの代表格とされており、さまざまなカジノゲームに応用させることができます。基本的には勝率が5割となるゲームに使用することが出来て、負けたときに倍賭けを続けることがマーチンゲール法の手法といえます。これならベットルールが極めて簡単ですから、だれでもすぐに試すことができます。1ドル賭けて負けたなら、つぎに2ドル賭けます。また負けてしまったら、4ドル賭けます。さらに負けてしまった場合には、8ドルを賭ければよいのです。こうして連敗が続いてしまったとしても、1回の勝ちですべてを取り戻すことができます。勝率5割のゲームですから、運が悪くてもそのうち1回は勝つことができるでしょう。システムベットを上手に活用すれば、ギャンブルにおける1回の勝負で負けてしまうことが怖くなくなります。また、少々連敗したとしても、たった1回の勝ちで取り戻すことができると思えば、精神的に余裕を持って勝負に挑むことができると思いませんか?

メリットとデメリット

マーチンゲール法のメリット

メリットをまとめてみましょう。負け続けたとしても1回の勝ちで取り戻すことが可能です。また応用範囲が広く、さまざまなカジノゲームに活用することができます。システムベットとしてのルールが極めてシンプルですから、だれでもすぐに試してみることができます。これは大きなメリットです。優れたシステムベット法であったとしても、ルールが複雑では活用することが難しくなってしまいます。

マーチンゲール法のデメリット

利用範囲の広いマーチンゲール法となるのですが、デメリットとされる部分をしっかりと認識して注意するようにしてください。それは軍資金に関してのことであり、連敗が想像以上に続いてしまいますと、取り戻すためのベット額がかなりの大金となってしまう可能性があります。さらにゲームにおけるベットリミットが障害となって、マーチンゲール法を続けることができないケースが報告されています。途中でマーチンゲール法を断念しなければならないのは、プレイヤーとして大きな痛手となってしまうのですが、いたしかたありません。ベットリミット額から換算して、何回の連敗が上限となるのかを事前に確認しておきましょう。