オンラインカジノの勝算

多くのプレイヤーに長年使われている攻略法

オンラインカジノには様々なゲームがありますが、ルーレットやカードゲームには昔から確立されていたベットシステムがありました。
有名なベット法は、マーチンゲール法、パーレー法、モンテカルロ法が有名な攻略法です。
これらのテクニックは、実践ではどのような特徴と効果があるのでしょうか?

ギャンブルでよく使われるマーチンゲール法

この方法は、オンラインカジノのルーレットでよく使われますが、負けたら次の賭け金を倍にし、続いて負けたら額はさらに倍にする方法です。
勝てば確実に利益を稼げる方法ですが、この方法を使えば、たとえ負け続けても絶対に損はしないと言われています。

ギャンブルでよく使われるマーチンゲール法

マーチンゲール法のメリットとは?

この方法のメリットは、勝率の高さです。
1ドルを賭けて負ければ次に2ドル。
さらに負けると4ドルの額で顎金です。
負ければ倍々のお金を賭けます。

ここで、負け続けていても、どこかの時点で勝てば必ず利益が出ることになります。
ルーレットでは、勝ったり負けたりしますが、負けや勝ちが連続することはごくまれなこと。
負け続けても、何れ勝つことで必ず利益が出るのが、マーチンゲール法です。

マーチンゲール法のデメリット

もし、10連敗する確率を考えてみると、その率はかなり低くなってきます。
その率がもし約0.0.1%ならば、1000人に1人の割合で10連敗することになります。
これがルーレットで1000回賭けた中で10連敗する可能性はそれなりにあるわけです。

オンラインカジノでベット可能な最高額は、上限2,000ドル程度と言われていますが、マーチンゲール法で負て指摘されるように、負けが続いても必ず利益が出すことができるという考えは、成り立ちそうもありません。

カジノ側の運営ルールで、MAX2,000ドルまでしかお金を賭けることができないのであれば、12連敗したところで損失が確定することになります。
このように考えると、マーチンゲール法は、ハイリスク・ローリターンになる可能性があるといえるでしょう。

パーレー法

ベットシステムの中で、逆マーチンゲール法とも言われるパーレー法。

ルーレットで赤に賭けた場合、赤と黒で赤の確率は50%。
1ドルを賭けて、赤が出れば1ドル配当をもらい、2ドルの戻りとなります。
マーチンゲール法で負けたなら、次の賭け金、2倍の2ドルでしたが、逆マーチンゲール法のパーレー法では、賭け方が反対になります。

赤に賭けて外れたなら、ベット額を一旦、初めの1ドルに戻していきます。
マーチンゲール法のようにベット額は2倍とはせずに、当たった時にベット額を2倍にして賭けるようにします。

1ドルを赤に賭けて当たったら2ドルが返ってきます。
返ってきた2ドルを全て次の回で全額ベットするのがパーレー法です。
また当たったら4ドルが戻ってくるので、次はさらに4ドルを全部を賭けるのです。
少ない資金で高額な配当を狙えることから、大当たりをプレイヤーにとっては、満足できるベット法と言えます。

パーレー法のメリット

直観的に賭けることが得意な人は、パーレー法は、うってつけの方法かもしれません。
万が一、ラッキーにも10回連続当てることができれば、1ドルのスタートから1024ドルまで増えることになります。
少ない資金で高額配当を狙えるので、もらえるチャンスがあるので、一攫千金の可能性もあり得ます。

パーレー法のデメリット

パーレー法のデメリット

連続で勝つことで、配当は増え続けますが、何処かのタイミングで利益を確定しないと、何れはどこかで損失が発生します。
どの段階で利益を確定するかで結果は変わりますが、お金が増えることなく減り続けていくこともあるので、負けに対する忍耐力も必要です。

肝心なことは、利益の確定ラインをどこに置くかということです。
もし、最大7回と連続で赤が出たとしたなら、利益確定ラインを5回連続ではなく、それ以上の回数で連続にしていたなら、トータルで勝つことができるでしょう。
その一方で、利益確定ラインを8回連続と設定していなら、大きな損を作ってしまいます。
したがって、利益の確定タイミングの設定が重要なポイントになります。

手堅く勝ちたいなら、一般的には利益確定ラインを3連続~5連続にするのが現実的なレベルと言われています。

モンテカルロ法

モンテカルロ法

モンテカルロ法を実践するなら、始めに紙とペンを用意しましょう。
紙には、1、2、3とメモしておきます。
これが基本単位となるのですが、両端の1と3を足します。
合計は4。
これを最初の賭け金とします。

1単位1ドルであれば、最初のベット額は4ドル。
モンテカルロ法の特徴は、マーチンゲール法と比較して、ベット額がいきなりに上がることがないことです。
1セットが終わり、勝率が悪くなっていても、それなりの確率で利益が生まれてきます。
低勝率でも利益が出せるのが、モンテカルロ法の魅力と言えます。

ただし、モンテカルロ法は計算が面倒はことから、途中で計算ミスをおかしてしまうこともあります。
この点が、モンテカルロ法の短所と言えるでしょう。

賭け金の上がり方が、とても緩やかなので、テーブルのベットリミットや自己資金のことで頭を悩ます必要が少ないのが、この方法のメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。